産後骨盤ベルト人気ランキング|いつから付ける?選び方は?

産後骨盤ベルトの効果

女性は妊娠すると、赤ちゃんを生むために産道を開きはじめます。
これが自然に骨盤を開く動きになり、出産までには赤ちゃんの頭が通るほどに大きく開くことになります。
出産後は、この開いた骨盤が元に戻るために動き出すわけですが、やはり一度大きく開いた以上、自然に元通りキレイに閉じるというのはなかなか難しくなります。
骨盤が開いたままでは日常生活が送れませんので、身体は急速に骨盤を閉じようとしますが、ここできちんと矯正しないとバランスが崩れて体型に影響が出たり、歪みやズレが出て後々に大きなトラブルが起きたりするのです。

産後骨盤ベルトが開発される前までは、この骨盤の戻りがうまく行かずに腰や恥骨に激しい痛みが起きたり、歩くことすらうまく出来なくなってしまう人も少なくなかったと言います。
また、早産になったり排尿障害になったり、妊娠出産に関わるさまざまなトラブルの原因が骨盤の開きと関係しているということもわかり、平成初期には産婦人科の治療が大きく変わったとも言われています。

その効果は大きなトラブルを解決するだけではなく、バランスを崩して下半身が太ってしまうことを防いだり、ズレや歪みで腰痛を起こしたりするのを防いだりする嬉しい効果ももたらしてくれます。
産後にしっかり身体を休めて骨盤を正しく矯正し、体力が落ちることもなく早く元の体型・体調を取り戻すことがどれほど大切なことかは、産婦人科医だけでなく多くの出産経験者が語っていることなのです。